風俗でギャルとの絡みを堪能

風俗は最高の息抜きなんです

独身。そして在宅での仕事。はっきり言っちゃえば、人と話す方が珍しいような環境なんですよ(苦笑)仕事は基本的に家ですべて出来ちゃうんです。インターネット環境さえあれば出来る仕事だし、それに電話よりはメールなど、文字でのやりとりの方がいろいろな資料も添付出来ます。もちろん大切なことは電話しますけど、電話も稀なので、人と話すっていう行為そのものが、自分にとっては何よりも貴重なものなんです。だからこそ、じゃあどうするのかとか、いろいろなことを考えながら風俗を楽しませてもらっています(笑)きっと風俗がなかったら、人と話すことさえままならないんじゃないですかね。気分転換にスポーツクラブに行ったりもしますけど、スポーツクラブは別に会話はしないですしね。それよりも風俗で女の子と話しつつ、抜いてもらう方が自分にとっては最高の息抜きになるんだなって思っていますので、月に二回くらいは風俗のお世話になっていますね。

コントロールという考え方

風俗では自分のことをコントロールするようにしているんです。欲望のままに発射していたら、時に中途半端な気持ちになっちゃうこともあるじゃないですか。それはさすがにもったいないと思うんですよね。でも、そうじゃなくてある程度自分をコントロールして、どのタイミングで発射するのかを考えるようにしているんです。いきなり出してしまうと、それはそれで女の子だって計画が崩れちゃうかもしれないじゃないですか。そうじゃないんですよね。時間によって、どういった展開で出すのが良いのかも変わってくると思うんですよ。だからあまり無理をするのではなく、かといって出さないって訳でもなく、自分なりにある程度コントロールして楽しむようにしているんです。そのタイミングを考えるのもまた、風俗の楽しさの一つでもあるんじゃないかなってことに気付けるようになってきたんですよね。だから自分でも、いろんな形で楽しめればそれでよいかなって思っています。